辛い時は泣いてしまいましょう

最近、いろいろなことがあって、。泣いてしまうことが多いです。いい年こいて、ちょっと情けないところもありますが、。それでも、今の環境が長い間生きて来て、正直。一番キツイので、くじけそうになってしまうことも。よくあります。胃炎にもなったし、うつ病にもなりかけました。ある人は、。「まだまだ、苦労が足りないんだよー」。と言う人もいいますが、。まあ、他人事ですからね^^;でも、最近、思うのですが辛いときは、。
泣いてしまっていいんじゃないかなあと思います。泣いてしまった方が、スッキリするからです。
そしてまた新しく歩み出せば良いのだと思います
いつまでもくよくよしたって、しょうがないですからね。私は、「天は自らを助けるものを助ける」。という言葉が、好きです。本当に困っている人って、よっぽどのことがない限り、。誰も助けてくれません。世の中、そんなに甘くはないなあと思うことはよくあります^^;。だから、待つんじゃなくて、攻めていくんです
「なにくそ」
と思いながら、前に進んでいくしかないんです。
そうすればやがて道が切り開かれていくことを。信じています。
泣きたい時は、泣けば良い。そしてまた涙を拭いて、明るく元気にがんばっていけば。いいんじゃないかと思うんですよね。

海のきれいな伊王島で探検

長崎にある、伊王島に行ってきました!。長崎市内からは伊王島へは、船を使って行くことができました。朝からいい天気で絶好の伊王島日和(笑)でした。船の上は、風が強くて帽子が飛ばされないかすごく心配でした。しかし、無事にたどり着くことができました。
島に着くと、ホテルや公共施設、教会が見えました。
ホテルのカフェで、自転車の貸し出しをしていたので、友達とそれぞれ借りてサイクリングしました。伊王島には灯台があると聞いていたので、行ってみたいと思い、灯台目指してさっそく出発!。初めのほうは、平らな道が多かったので、灯台にもすぐ着くだろうと思っていました。15分ほど漕いで行くと、だんだん坂が見え始めました。結構急な坂で、しかも距離もかなりありました
「この坂を上るのかあ・・・」と思うと、心が折れそうになりました。しかし、灯台を見るために、友達と前に進むことを決心しました。坂が急なところは自転車を押して、途中で水分補給をしながら、少しずつ前に進みました。友達も私も、汗だらだらになりながら灯台を目指して頑張りました。漕ぎ始めて2時間ほどで、やっと灯台にたどり着くことができました。灯台からは遮るものが何もなく海を見渡すことができました。その時に見た、とてもきれいなブルーは今でも忘れません。灯台からの帰りは、急な下り坂で、自転車で下るのはとても怖かったです。自転車を返却して、そこのカフェでイチゴパフェを食べました。伊王島でのサイクリング探検はとてもおもしろかったです。

1億円あったら何しますか?

突然ですが、1億円あったら何をしますか?。「そんなこと言われても~」。
という感じの方も多いかもしれません私もそんな感じで思っていました
ただ、そこで具体的な案が出なければ、。それは、それだけのお金を受け取る器がないことだと。言われてから、真剣に考えるようになりました。まずは家を買って、。
車を買って、。家族でハワイへ旅行して、。
家族に好きなものを買って上げて、。まあ、ここまでは平凡な夢という感じですね私は、それから、ビジネスを立ち上げて、。お金がお金を生み出す仕組みを作りたいと
思っています。
そして、大前研一のビジネス・ブレークスルー。
に通って、ビジネススキルを身に付けます。さらに英語などの語学もばっちり身に付けます。経済的に完全に自由になったら、。今度は人助けと社会貢献です。
日本という国がしっかりとした自立国家に。なっていけるようまた様々な国との。国際交流が円滑に進んでいくよう。支援していきます。
そこで得た経験を元に。本を出版したり、講演会を開いたり、。毎日大忙しの毎日。でも、趣味で歌の練習をしながら、。プロ級の腕前になり、人前で披露できるくらいに。
人生の成功者となって。インタビューを受けるようになる。まあ、ざっくり言えば、こんな感じです^^。夢を具体的に実現できる人になりたいものですよね!

チョコレートを食べて鼻血が出るか?

先日、娘が、学校へ研修に来ていた先生の
研修期間が終わるので、先生に上げるんだと
いって市販のチョコレートを溶かしながら、
手作りチョコレートを作っていました。

まだ小学校二年生なのに、そこまでして上げるなんて、すごいなあと
親バカの私は娘の成長に目を細めていました。

その時、娘が、「でも先生にチョコレートを上げると鼻血がでちゃうかもね]ん? 鼻血?

そういえば、チョコレートを食べ過ぎたら、
鼻血が出るとよく言われますが、私自身はそういう経験もないし、今までの人生の中でもそういうシチュエーションに出くわしたことがありません。

一体、何を根拠にして、そういう話をしているんですかね^^;

鼻血の話と言えばもう一つよくいやらしいことを考えたり、そういうのを見たら、鼻血がドーッという
のを漫画で見かけますが、もちろん、私は、そういう人を見たことがありません

見た人いたら、でてこいやー。という感じですね^^;

やっぱり鼻血ってそんなに簡単に出て来るものではないのだと思います。

それでも、「鼻血が出る」という表現はインパクトがあるので、結構、使われることが多いのかなあという感じがします。

鼻血って面白いですね^^